社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



社会福祉士の国家試験の資格取得

●社会福祉士の国家試験の資格取得のポイント●


社会福祉士資格取得



社会福祉士の国家資格取得、国家試験合格についてのポイント。
指定科目は必ずしも試験科目と共通しているわけではないが、
実質的には試験科目となっているため、全て履修すべきである。
その意味で、社会福祉士の資格を取る、
国家試験に合格するには、
一番の合格の早道は福祉系大学に進学する事に尽きる。


国家試験対策については、まず13科目全ての
出題基準を踏まえ、
国家試験の受験用の問題の参考書を揃える。
最新の試験問題の解説集や予想問題の問題集、
信頼のおける社会福祉辞典を用意して、これらの文献で
解説されている用語でわからない物があった場合、
その都度、社会福祉辞典に当たるなどして
疑問がないようにしておく。


とりわけ、前年度の試験問題については1問ずつ取り組み、
全ての選択肢について、なぜ正しいのか、
なぜ誤っているのかといった答えの理由を
明らかにする事が大切である。
過去問題を徹底的に勉強する勉強法も社会福祉士の資格取得
国家試験の対策としては有効です。
過去問で出題の傾向を把握して、
それらの過去の問題の解答では
合格基準を越えれるような、試験対策をしておく。



さらに、出題箇所は全てを参考書に書き込んだり、
サブノートを作って出題の傾向や要点、出題基準を
明確にしておく。


このほか、最新の社会福祉に関する動向を把握する為、
最新版の「厚生労働白書」や「国民の福祉の動向」、
年金と保険の動向」、さらには専門雑誌や新聞記事にも
目を通す事が必要である。


また、同じレベルの受験の仲間を作って情報を交換したり、
模擬試験を受けてカンをつけたりしておくと効果的である。
模擬試験の結果も社会福祉士の国家試験の
合格の判断基準になります。
模擬問題集などもあります。


もう一つ、地方自治体や社協の中には資格取得の希望者に
修学資金を援助したり、受験の対策講座を行ってる所もあるため、
都道府県福祉人材センター、あるいは関係機関に
照会するのも一考です。


合格率も毎年30%前後ですので、過去の問題でしっかりと
標準テキストはクリアできるように、問題集で問題回答して、
勉強方法も自分なりに工夫して、模擬試験などで、会場に行っても
力が発揮できるように、会場慣れの対策して受験資格をいかして
国家試験の本番の日程の日には、
社会福祉士の資格取得、国家試験に合格できるようにしましょう。



介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓