社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



福祉関係のその他イチオシ資格

●福祉関係のその他イチオシ資格●



福祉関係資格


◆介護福祉士 <国家資格>


直接的な介護や援助に必要な専門知識や
技術を見につけたエキスパートに与えられる資格。


資格取得はおもに老人福祉施設や障害者施設の
介護職員として働いているが、
今後は需要の増加が見込まれる在宅サービスを支える
ホームヘルパーとしても活躍する場が広がっている。


★養成施設を卒業すれば無試験で資格取得!




◆介護支援専門員(ケアマネージャー) <養成研修>


公的介護保険の導入にあわせて創設された新しい資格。


介護保険の利用に欠かせない
ケアマネージメントの仕事には、この資格が必ず必要。


特別養護老人ホームの生活指導員や介護サービス会社の
コーディネーターとしても活躍でき、これからの
社会福祉を支える中心的存在として将来的にも有望な資格だ。


★福祉関連の資格と5年以上の実務経験が必要!




◆ホームヘルパー <養成研修>


ホームヘルパーには現在の所、
法的な意味での「資格」はなく、都道府県や民間企業などが
行っている講習を受講する事で、1~3級の認定が得られる。


ホームヘルパー養成研修修了(特に2級以上)を
採用条件に入れる職場も増えており、
在宅サービスの仕事に就くには修了書の取得はかかせない。


★養成講習を受講すれば修了書を取得できる




◆理学療法士 <国家資格>


理学療法士は、最新の医療技術を用いて、
高齢者や障害者などの身体機能の回復を図る
リハビリテーションの専門家。


この仕事に就くために、
必ず必要となるのが理学療法士の資格だ。


全国的に見ても理学療法士の数は
十分に足りていない状況であり、
就職の際も”売り手市場”となっている。


★養成校で3年以上修学することが必要




◆作業療法士 <国家資格>


作業活動を通して身体機能の回復を図る
リハビリの専門家の為の国家資格。
作業療法士として働くには、
この資格を取得し厚生労働大臣の免許が必要。


急速に高齢化社会が進むのにともない、
医療機関や福祉施設などのほか、
今後は在宅福祉サービスの分野にも職場が広がりそうで、
将来的にも有望な資格と言える。


★養成校で3年以上修学することが必要




◆言語聴覚士 <国家資格>


言語や聴覚に障害を持つ人に対し、
機能の回復・維持向上を図るための
リハビリを行う専門家が言語聴覚士


従来は「言語療法士」や「臨床言語士」などが
主な認定資格だったが、1997年の「言語聴覚士法」により
国家資格として新たに創設された。


国家資格の誕生で、
各施設で言語聴覚士の配置や採用が本格化れている。


★養成機関を卒業し、国家試験に合格する。




◆視能訓練士 <国家資格>


誕生当初は、斜視や弱視など人に機能回復訓練を
行うための資格だったが、
1993年に「視能訓練士法」が改正され、
眼科一般分野での目の検査も行えるようになった。


急速に進む長寿社会により、白内障や緑内障を患う
お年寄りや生活習慣病による視力障害をもつ患者なども増え、
福祉分野での職場も徐々に広がりつつある。


★所定の教育課程を修めて、国家試験にのぞむ



介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓