社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



資格取得で、そこが知りたいQ&A

●社会福祉士の資格取得についてQ&A●


資格取得Q&A



Q : 社会福祉士の資格は就職に必ず必要ですか?


A : 就職を優先し、後から資格を目指す方法も・・


    資格が就職で有利に働くことは事実ですが、
    社会福祉士の場合は、まず仕事に就くこと優先して、
    それから仕事をしながら資格をとるという方法もあります。
    国家試験の合格率が30%の難関ということもありますが、
    就職に際しては、経験年数と合わせて社会福祉士
    資格が求められるケースが多いのがその理由です。


    新卒の場合、職員の選考にあたっては単に資格だけでなく
    人物・適正の評価が大きなウエートを占めています。
    社会福祉士の資格を生かす職場なら、まず資格よりも
    職場を目指すことが必要でしょう。




Q : 資格を取得する時の「実務経験」とは?


A : 実質勤務年数がカウントされます


    受験資格にある「実務経験○年以上」は実質の期間が
    カウントされます。
    職場での身分が正規職員であってもパート職員であっても
    この期間を満たしていれば、受験資格が得られます。




Q : 「名称独占」の資格でもとる意味がありますか?


A : 信頼の目安であり、就職にも有利


    国家資格には、「業務独占」と「名称独占」の資格が
    あります。「業務独占」というのは、資格を持っていないと
    その仕事をする事ができないもので、医師や看護師、
    理学療法士、作業療法士などがこれに当たります。


    一方、「名称独占」は社会福祉士や介護福祉士、栄養士、
    管理栄養士などの資格を持たない人が、その名称を
    名乗ることが禁じられているものです。
    しかし、名称独占の資格を持つ人ともたない人で、
    やってよい仕事の内容に違いはありません。


    では、持つ意味があるのかという事になりますが、
    名称独占の資格を得るということは、国の認めた専門家に
    なるということであり、就職の際に有利になります。
    同時に、サービスを受ける側にとっても信頼の目安に
    なるという意味があります。




Q : 養成施設、専門学校を選ぶ際に注意する点は?


A : 就職の状況など、学校ごとで差があります


    専門学校の就職状況は、巣立った先輩たちの活躍に
    左右されます。実績のある学校では比較的就職状況は
    良好です。しかし、学校によっては資格を取得しても
    なかなか就職が用意でない所もあります。




介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓