社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



社会福祉士に求められる資質

●社会福祉士に求められる資質●


社会福祉士に求められる資質


◆人間を見つめる


福祉」という言葉を専門用語を使わないで考えて見ると、
それは「みんなで生きて行く」ということかもしれません。
食事をして、入浴して、排泄してそして眠る。
生きていくという事はつきつめれば、とてもシンプルなことです。
シンプルですが、それゆえに
状況によっては難しいことだとも言えるでしょう。


このシンプルなことが自分にはできるけど、
じゃあ、みんなができるかどうか・・・。

福祉の仕事に関わるには、自分だけに関心があるのではなく、
「みんなで生きていく」という共生の意識が心のどこかになければ、
おそらく不可能なことではないでしょうか。
その上で、生きている一人ひとりの「より良き生」を
めざす活動をしていくことです。
社会福祉士はそうした活動の一端を担います。


基本的には、人とかかわり合ったり、色々な体験を
共有する事が好きだという人が向いてると言えるでしょう。


しかも、高齢者、障害者、子供、母子家庭、失業者など
社会的弱者」の立場に対する深い理解と、
一人ひとりの自己実現を支援する熱い思いを
持ち続ける事が必要とされます。


いかなる場合にあっても「社会的弱者」の立場に立ち、
状況を理解しようとする、人権感覚、倫理観が
極めて重要とされてきます。


「施し」を与えるのが福祉の仕事ではありません。
社会福祉士の仕事は、
人間と人間の信頼関係の上に成り立ちます。
だからこそ、社会福祉士に必要な資質の第一に、
人権感覚が挙げられるのです。




◆相手の立場で、考える事ができるか


あなたは、人の話を聞くことが得意でしょうか?
人の話を聞くことが出来るかどうか。
これはあなたが社会福祉士に向くか、向かないかの
大きな分かれ目です。


社会福祉士の仕事は、
いろいろな人の話を聞くところから始まります。
まず、相手の状況を理解するとともに、
相手との信頼関係を築いていかなければ始まらないからです。
そして聞く際に重要なのが、
相手の状況、状態をありのまま受け入れ、共感することが
ソーシャルワークの第一歩です。


ソーシャルワークは、相手に好意と関心をもって、
話を真剣に聞き、何を考え、何を欲しているのかを
わかろうと姿勢があれば、
自然に相手の気持ちがわかってくるのです。
ですから、相手の立場に立って考える事ができるという事が、
社会福祉士に求められる大きな資質となっています。


障害を持った人、高齢者、子供など、それぞれの人がもっている
内在したエネルギーを開花させるきっかけを作るところに、
社会福祉士の意味があるとも言えるのではないでしょうか。


そのエネルギーを引き出すのが社会福祉士等の
福祉専門職の役割であり、
そこには様々な可能性を秘めた人間への、
温かいまなざしと深い関心が必要なのかもしれません。




◆4つのH


よく福祉の仕事をする人に必要な要素として、
「4つのH」という言葉が聞かれます。


 ・Head(冷静な頭)
 ・Hand(専門的技術)
 ・Heart(あたたかい心)
 ・Health(健康)


まさに、社会福祉士に求められる資質も、
この4つのHに象徴されていると言えるでしょう。



介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓