社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



社会福祉士・学校選びのポイント

●社会福祉士の学校選びのポイント●


社会福祉士の学校選び


◆社会福祉士の学校の情報を集める


まず、出来る限り、社会福祉士になる為の学校の情報を
集めるということです。
先輩や経験者の話を聞くことはもちろん、
直接学校に資料請求して、パンフレットを取り寄せたり、
インターネットで情報を集めたり、あるいは直接キャンパスを訪れて
授業風景などを自分の目で見る事も大切でしょう。
社会福祉士の大学、短大、養成学校、専門学校
あるいは、通信教育など勉強の方法も様々です。


特に大学や専門学校などの養成校ではどのような教授陣が、
どのような内容の社会福祉士の講義を行っているかで、
その学校の特色が生まれるわけですから、
じっくり比較対照したいものです。


また一口に社会福祉士といっても、
あなた自身がどのような分野に興味を持っているか、
その興味を大切にすることも重要です。


老人福祉に興味があるのか、児童にかかわりたいのか、
あるいは地域を良くする活動をしていきたいのか、
行政機関で制度を充実させたいのか、
あなた自身がどのような指向性を持っているかで、
自分の興味に沿ったカリキュラムを組んでいる学校などを
調べていくのも、上手な学校の選択法です。


自分の学びたい物が実現できる学校を選んでこそ、
意義のある学校生活が送れるといえるでしょう。
社会福祉士の資格の取得にも意欲がわくのです。




◆介護福祉士の資格が取れるかどうか


社会福祉士の養成施設ではなく、福祉系の大学・短大などの場合、
その学校が、介護福祉士の資格も
取れるかどうかも大きなポイントです。
介護福祉士の資格を持っていれば、卒業時に
福祉系の職場の求人、募集があれば
仕事に就職するのに、かなり有利になってきますし、
それが社会福祉士の受験資格を取得する実務経験にも
つながることも多くありますので受験対策になるのです。


介護福祉士は社会福祉士と同時に、
1987年に国家資格に認定された介護の専門職で、
介護保険制度がスタートし、
ますますニーズが高まっている資格です。


介護福祉士は社会福祉士と違い、
国家試験を受けなくても資格を取得できるコースがあります。
2年以上の専門校(大学・短期大学・専門学校)で
専門教育を受ければ、卒業と同時に介護福祉士の
資格を取得できるのです。


現に、現役の社会福祉士で、
介護福祉士の資格も持っているという割合は
かなり高いと言えますし、実際の仕事でも、
特に老人福祉の分野で働くなら、
介護の専門知識・技術を持ってるということは、
大きく役に立ちます。
ですから、その学校が介護福祉士の資格が取れるかどうか、
事前によく調べておく必要があるでしょう。




※「Q : 介護福祉士はどんな仕事をするのか?
   A :日常生活を営むのに支障がある人に入浴、排泄、食事
       その他の介護を行ったり、介護に関する指導を行う。




介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓