社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



社会福祉士とは

●社会福祉士とは●

社会福祉士


◆国民の要求と変化する時代


戦後、わが国の社会福祉は、生活に困ってる人たちへの
経済面での援助を中心に展開され、そのサービス従事者として
有給の社会福祉主事を当てる事が考えられてきました。


その社会福祉主事の資格は、大学において厚生大臣の指定する
社会福祉に関する科目を修めて卒業した者に与えられる任用資格でした。


1970年、日本が高齢化社会の仲間入りをし、老人福祉の問題が
急速に深刻化すると、社会福祉に対する時代と国民の要求は
大きく変化しました。


地域福祉という新しい社会福祉サービスのあり方と、
それを担う人たちの必要性を呼び起こすことになったのです。


また、社会福祉問題が複雑化し、それに対する援助技術も
より高度で専門的な力量が求められるようになりました。




◆「社会福祉士及び介護福祉士法」の制定


1986年5月26日に公布された
社会福祉士及び介護福祉士法」は社会福祉分野における
最初の国家資格制度として、ようやく成立した
社会福祉専門職制度です。


この制度は、福祉事業所に配属される社会福祉主事制度
そのものを否定して作られたものではありません。


今後も社会福祉主事自体は存続しますが、実質的に
社会福祉主事制度に代わる専門職員の養成と国家試験を
ふまえた資格制度の誕生ということができます。



これまで、社会福祉分野には、保育士を除いては
社会福祉主事以外にみるべき資格制度がありませんでした。


そして、社会福祉主事が実質的に社会福祉従事者の
「基礎資格」的要素をもっており、事実その資格をもつように
研修を勧めていました。


こうしたことを考えると、この社会福祉士、介護福祉士の
資格制度は、社会福祉主事資格に代わって、
行政、民間を問わない専門職としての資格です。


いろいろ問題点は残っているものの、社会福祉職員制度の
歴史に新しい1ページを加える物となりました。




◆社会福祉サービスをコーディネート


社会福祉士は、決して社会福祉分野の職種すべてをカバーする
資格制度ではありません。


社会福祉士とは、「専門知識及び技術を持って、身体上若しくは
精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を
営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、
助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」
(「社会福祉士及び介護福祉士法」第2条第1項)の事をいいます。


つまり、多様化する社会福祉サービスを的確に利用できるよう
福祉の相談に応じ、各専門職との連携をはかりながら、
個別のニーズに合わせて、社会福祉サービスの
コーディネートを行います。


したがって、社会福祉の中で、おもに対人的な相談援助を
行う職種に求められている資格です。



介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓