社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



福祉関係の仕事募集はここをマーク

●福祉の仕事 仕事募集はここをマーク●


◆社会福祉士の社会福祉施設の採用試験


①面接


  どの施設の採用試験でも必ず行われるのが面接。
  福祉の仕事は人と接する機会が多く、対人関係の比重が
  大きい為、どの職場も面接重視の傾向だ。
  必ず質問されるのは、志望動機だが、このほか、
  福祉に関する考えや志望分野の専門知識がとわれるなど
  口頭試問的な面接が行われる場合もある。




②作文(小論文)


  面接試験の日に「作文」を実施するという施設もある。
  内容は与えられたテーマについて制限字数にそって書く
  課題作文の形式が一般的。
  出されるテーマは志望の動機のほか、福祉に関するテーマを
  出題ところもある。また、試験前に応募書類と一緒に
  作文を提出するというケースもある。




③筆記試験


  社会福祉協議会や福祉系外郭団体など、法人が一括して
  募集する時は、多数の応募者があるため、1次試験として
  筆記試験を行い、通過者だけに2次試験として、
  面接を課すというケースが多い。
  筆記試験の内容は、公務員試験の一般教養問題に近い
  ものが多く、解答も選択式というのが普通のようだ。




④実習


  実際に施設業務についてもらい、適性があるかなどを
  見極めるのが「実習」だ。一般的には、1~2日程度だが
  施設によっては1週間程度の場合もある。
  児童養護施設などでは、職場体験を半日してもらい、
  実際に子供と接してもらうという施設が多い。
  学校などでの実習などで現場での経験に慣れておくのも
  必要だ。




⑤履歴書


  採用試験にあたっては、事前に履歴書を送付して、
  面接日を指定されるのが普通。
  書き方は、一般企業の就職時と同じ。
  ただし、転職希望者の場合は、キャリアをきちんと示す
  意味で職歴(役職名や職務内容)を出来るだけ
  詳しく書くこと。また、退職理由の欄も前向きな理由が
  あれば、それについて記入した方がよい。




◆社会福祉士の仕事での年齢制限


施設ごとのそれぞれの求人には、必要な資格のほか、年齢の
条件がつくのが普通。経験者であれば、35歳や40歳位でも
求人はあるが、経験のない人の場合は、30歳以上で
応募できるものは少ない。


特に、児童館職員や児童養護施設など児童福祉施設は
年齢制限が厳しく、おおむね27歳以上は、
年齢で引っかかるケースが多くなる。




◆通勤時間


児童養護施設の児童指導員など、24時間を交代で勤務する
職場では、早朝や深夜の交通機関が確保できるかという
問題が大きい。




介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓