社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



社会福祉士の将来性

●社会福祉士の将来性● 社会福祉士の将来性
社会福祉士は、少子高齢化の進行や国民の福祉ニーズの多様化に伴って、
今後行われる介護保険制度の拡充などにより、
ソーシャルワーカーの専門職として将来性は十分である。


特に、注目されるのは、老人(在宅)介護支援センター等に
おいて新たな介護保険制度下の総合的な相談窓口機能を
担う役割で、地域包括ケアシステムの基幹的な
マンパワーとして社会福祉士が期待される。




◆介護保険制度で、社会福祉士に期待されること


介護保険制度は、利用者の選択の幅が広がるという事を
メリットとしてあげています。
それは、サービスの内容や、事業者の選択に本人の意向が
尊重されることです。


しかし、本人の意向とはいっても、多種多様なサービス主体や
制度があり、それを(とりわけ高齢者やその家族)が、
一つ一つ調べて取捨選択するのは並大抵のことではありません。
まだまだ、情報公開は不十分ですし、多くの労力と時間が
必要とされます。また実際の選択の判断についても、
専門家・社会福祉士のアドバイスが望まれることでしょう。


ですから、これからますます、社会福祉士のコーディネート能力に
社会的な期待が集まってきます。
ケアマネージャーとしてはもちろんの事ですが、ケアプラン作成に
限定されることなく、生活支援の観点をもった上で、
人とサービス、人と地域をつなぐ社会福祉士の役割は重大です。




◆社会福祉士のあるべき姿


社会福祉士に求められるものとして、経済面のサポートと共に、
保育、介護など各場面における、相談・指導・情報の提供など、
ソフト面での福祉サービスが重要になってきています。
それは、福祉のプロとしても、より高度で専門的な知識・技術が
求められていることに他なりません。


しかし、何より忘れてはならないことがあります。
福祉のプロとしての社会福祉士に期待が高まるからこそ、
「心」が問われます。
「心」があって初めて、その社会福祉士の資格に
生き生きとした血が
通ってくるのではないでしょうか。



介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓