社会福祉士のスクール・講座一覧の詳しい資料(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
 「社会福祉士」スクール・講座資料一覧はこちらから


ユーキャンの社会福祉士合格指導講座!(資料請求無料)
  ↓     ↓ 
社会福祉士合格指導講座」資料はこちらから


介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓ 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!



社会福祉士の仕事とは

●社会福祉士の仕事とは● 社会福祉士の仕事


社会福祉士仕事


社会福祉サービスに関する相談や介護サービスの必要性は、
増大の一途をたどっています。


社会福祉サービスを必要と必要とする人々が、
信頼し、安心して相談や助言・指導を受けられる
専門家として登場した社会福祉士


どの職場、仕事であっても、社会福祉士の果たすべき職務は、
社会福祉士及び介護福祉士法」に定められているように
社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、
身体上若しくは精神上の障害がある事又は
環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の
福祉に関する相談に応じ、助言、指導
その他の助けを行う」ことです。




社会福祉士仕事とは、一言で表現すれば、
利用者の生活と権利を守り、自立を支援するため、
時には利用者を代弁し、ほかの専門職と連携し、
利用者の最善の利益の実現を目指してソーシャルワークの
価値と倫理を尊ぶ、価値・知識・技術に支えられた実践を
行う専門職であるといえるでしょう。




社会福祉士の職場や職種は様々です。
しかし、共通していることは、社会福祉士がわが国の
ソーシャルワークを担う専門職であるという事です。




◆社会福祉士の主な仕事


社会福祉士が業務として行っている仕事内容としては、
「関係機関との連絡・調整」、「相談」、「ケース記録等の記入」、
「管理業務」などが多い。


社会福祉士が行う主な仕事は様々な分野から構成されます。
最も重要で、かつ日常的に行われるのが、
総合相談という業務です。
利用者の相談に乗ったり、カウンセリングを行ったり、
必要なサービスの情報を提供したり、問題解決の調停役を
努めることもあります。
特に、利用者自身が問題解決にあたれるよう、問題解決能力を
高めていく方向で、相談業務にあたることが重要です。


あるいは、どのような生活上の困難を抱え、
どのような福祉サービスが
必要とされているかを見極めるニーズキャッチ、
あるいは社会福祉施設の運営管理から、
地域福祉計画の策定まで、社会福祉士が手がける
仕事の範囲は非常に幅広いものとなっている。



介護や福祉の仕事探しなら・・・
  ↓     ↓